時には音の話を。                                    ~フォックス・アンダーソンの事件簿 後編

2015.12.01.10:47

昨日に続いての更新。
長いって?
……すみません……
ついつい、勢いがついてしまったんだもの…


・児玉の正体
       「殺すっていうのは、こうですよ」

序盤の押し殺すような緊張感と、後半の荒々しさが増す部分。
両方使いたいという我がままを通すために
一曲を真っ二つに区切って準備しておいて
フォックスのピンチに鳥川が飛び込んできた瞬間、曲も戦闘モードにチェンジ。
半ば自己満足の世界ですけどね…ははは…

役柄は無敵でも、中身は普通の女子である渡辺さん。
高さのある窓から颯爽と飛び込んでくるにはあまりにも厳しい状況でしたが
なんと本番はかっこよく飛び込んで現れました!
役者魂か??トリックか??(笑)
彼女を信じて、この飛び込みを狙っておいてよかったです。



・わかっていた
       「そう、わかっていた!」

鳥川が気力を振り絞って立ち上がる気持ちを後押しする曲。
間が抜けたタイトルになっていますが、すみません。
ホールに入った後に曲の変更オーダーがあって、新たに追加した曲なので
もう、色々余裕がなくて。
「あの、鳥川の」「武蔵の前のやつ」とか、散々な言われ方をしていた曲です。
可哀そうに。クライマックスなのに。

スケジュール的にギリギリで、もう頼りになるのはあなたしかいない!!と
私の(一方的な)心の師匠である作曲家さんの曲を持ってきました。
彼ならなんとかしてくれるという(一方通行な)信頼に応えていただきました。
ドラマチックな曲、繊細な曲、不安を誘う曲…
どれも何故か私のアンテナに引っかかってくるんですよねー
これが恋なの!?みたいな(←違う)。



・ムサシ見参
        「成功したーーーーー!!」

こちらが本物の宮本武蔵。
同じテイストを残しつつ、圧倒的に格好いい方向へ舵を切りました。
役者と照明と効果音、そして音楽が全部揃ったときには
本当にカッコいいシーンになったと、自負。
自画自賛しまくりです。

ちなみに、原曲は2/3以上が渋~い三味線パートで構成されています。
もちろんそれも格好いいのですが、今求めるのはそれじゃない(泣)
ということで、イントロと後奏をくっつけるという小細工をしています。
最近はパソコン編集が主流になっていますが
この曲は耳で聞きながらMDのみで編集しました。無駄な職人芸です。
でも、つなぎ目が分からないように繋げた時の達成感と言ったら…ふふふ
マニア心をくすぐって止みません。



・鳥川の推理
       「それを推理してはいけない」

台本が決まった当初、私のコンセプトは「探偵もの」=ジャズ、でした。
途中あちこち浮気しましたが、最後くらいはジャズで。
この曲に出会えてよかったです。

エンディングとしてはどうかなと、少し思いました。
すっきり気持ちよく、あー終わった!と思える曲じゃないかもしれないなと。
でも、フォックスと鳥川は少し歩み寄ったけど
いきなり素直になれる訳でもなく
なんだかんだ言いながらも一緒に事件を解決していくのかなと。
事件は解決したけど「フォックス・アンダーソンの事件簿」はまだ続く…
と、いいな。
そんな思いをこめての選曲です。
まあ個人的解釈ですが…
鳥川、もしかするとあっさり相棒解消しちゃうかもしれませんが…

ちなみにこのラストシーン
台本には「フォックスの目が優しく光る」と書いてありました。
それで当初、素直に「優しく光る」ためのMを探そうとしたんです。
してたんですよ、一応。
でも、稽古を見ていて、どうも優しく光る気がしなくて(苦笑)
独断でそのト書きを見なかったことにしました。
すみません、勝手なことして本当にごめんなさい。
優しく光らせるつもりだった清水さんとか演出さんとか照明さんとか
きっと困ったに違いない。
それでも照明さんが、窓から朝日が差し込む素敵なラストシーンにしてくれて
本当に嬉しかったです。
照明チーフの山下さん、ありがとう!




お芝居、楽しんでいただけましたか?
お芝居を楽しんでいただければ何よりです。
そして、一つでも印象に残るシーンがあって
そこに音楽がしっくり溶け込んでいたなら
気分は勝ち越しです(笑)

以上、音響チーフの独り言でした。
スポンサーサイト

時には音の話を。   ~フォックス・アンダーソンの事件簿 前編 

2015.11.30.15:27

劇団あとの祭り「フォックス・アンダーソンの事件簿 ~父からの手紙編」

無事に終わりました。
付き合わせてごめんねえ、と声をかけると
二つ返事で「いーよ!!」と言ってくれたうちの子供たち
ありがとうね
皆さま、お騒がせして本当にすみませんでした

見に来て下さったお客様
劇団のみんな
オペをしてくれた劇団アルデンテの永田君
本当にありがとうごさいました
おかげさまで、楽しく音響の仕事をさせていただいてます
楽し過ぎて色々喋りたくなったので書いてみました
ただのひとりごとです
暇つぶしにどうぞ!


・フォックス登場
     「フォックス・アンダーソン!」

フォックスが仮面を取るのに合わせた、探偵のテーマ。
演出の微妙~な反応をかいくぐり
オペレーターの「要らないんじゃないすかね~」の声を聞き流し
自分でも若干不安を抱きつつ
それでもやっぱりここは要るでしょ!!と貫いてのプランになりました。
清水さんなら、良い曲があればカッコよく決めてくれると思ってました。
結果的に、消さなくてよかった。ああ、よかった。
王道といえば王道の、一発で「探偵」を感じられる素敵な曲です。



・推理空間
     「フォックス・アンダーソンの目だ」

一番最初にイメージが固まった曲です。
でも使ったのは出だしの20秒のみ。音楽の大半は使ってません、すみません。
ここだけ使いたいの~とか我がまま言ってすみません。

私が喜んで観ていたドラマの曲なのですが
このドラマの曲、最近やたらとワイドショーやニュースのBGMで流れてます。
違法ドラッグとか、詐欺とか、ダメ!絶対☆なシーンに多用されています。
耳にする度に、ちょっと切ない気分になってしまう私…
とても好きなCDなんですけどね…そっか…悪いことしちゃダメだよね…



・心霊同好会
    「いいえ、この世には天使も悪魔もいるんです!」

いくつか候補曲を持って稽古場に向かったその日
衣装を着て舞台に立った山下嬢を見た瞬間に、ああもうこれしかないなと(笑)。
やっぱり、稽古を見て音を考えなくちゃ…と原点に立ち戻った気がしました。
心霊とは何の関係もありませんけどね。インド人とも関係ありませんけどね。

台本では、決めポーズの後に「どかーん」と書いてあって(笑)
どかーんは無理だけど「ちゃらりらりら~~~~ん」と入れる予定でした。
入っていたんですよ、私の頭の中では。間に合わなくてごめんなさい。
後は妄想でお楽しみください。
「お悔やみシスターズ☆」ちゃらりらりら~~~ん「決まった!」(キメ顔)



・ムサシ風(ふう)
     「小次郎との約束に遅れてしまう」

なんちゃって宮本武蔵のテーマ。
剣豪だから和風でしょ、という安直な考えで探しました。
とはいえ、様々な思惑が入り乱れ混沌としたまま暗転へ向かうこのシーン。
イメージは「会議は踊る、されど進まず」「和風でしっちゃかめっちゃか」
……そのまんまやんけ!!

クライマックスの真・宮本武蔵のテーマとは対にするべく、同じCDから。
何故か長男(4歳)が気に入り「盆踊りの曲!」と喜んで踊ってました(笑)。



……長……

すみません、調子に乗って書き過ぎました。ごめんなさい。
実はまだあります。
後編へ続きます☆
懲りずにお付き合いいただければ幸いです。

時には音の話を。番外編

2012.12.18.16:26

・・・終わったはずなんですがー
すみません
個人的には重大事項ですが
大多数の方には恐らくどうでもいい話が残ってた
なので番外編です

機材の話
というか、MDに対する愛の話(笑)

三回目公演の直前のこと
念のため、使う曲のチェックをしていたら
MDに不具合が見つかったんですよ!
曲が始まって10秒ぐらいのところに、ブツ、ブツと音飛びが・・・
どこかというと
ラストシーンの直前、具体的に言うと病室のシーンのラストです
主人公が去り、残った女性二人が意味ありげな視線を交わして暗転 ←ココ!!
しかも暗転中って視覚が使えなくなる分
全神経を耳に集中させてますよね
そこで
ブツ
ブツ

ぶち壊しでしょ!!!!

この時、お客さんが入る10分前
も~~~~どうしようかと思いました・・・
でも、MDって便利なものでして
その場で再度録音・編集して事なきを得ました
危なかった・・・ほんとに肝が冷えました

でもねえ
この便利なMD
デッキ一台で手軽に編集ができちゃうMD
私は大好きなんですが
この辺りの電気屋さんでは、店頭から消えていくんですね・・・
首都圏ではまだ、そこまで顕著ではないらしいですが
ここは岐阜
わりと田舎
メーカーもどんどん撤退していて
今の機材が壊れちゃったら
もう今の機能を維持した次世代機は作ってくれないかもしれない
本当にこの先どうしよう・・・と途方に暮れています
だってさ!
「イントロ長いから短く」とか
「歌い出しから流して」とか
「シーンの途中で終わっちゃうからつないで」とか
「この曲、変えてみようか。あーごめん、やっぱり元のに戻して」とか
何度もあるんだよー
その度にパソコン広げて編集ソフトであーでもないこーでもないってやるんか!
やってられるか!

先日、所用があって電気屋さんに行ったときに
店頭の音響機器のラインナップを眺めておりましたら
よほど悩み深い顔をしていたのか
店員さんが一緒に困ってくれました
曰く「メーカーの撤退が早すぎて、消費者が置いてきぼりにされてる感がある」のだそうで
まだ需要はあるはずなんだけど・・・とのこと
そうなんすよ!
まだまだ使いたいんですよ
愛してるんですよMD
編集ソフトの、波形を見ながら切ったり張ったりするのじゃなくて
自分の耳を頼りに、100分の1秒単位で聞き比べながら編集していく
あの地味な作業が好きなんですよ私
繋ぎ目が分からないくらい美しく編集できた時の喜びと言ったら!
なんていうかね
データを扱う機械のくせに、耳で聞きながら編集っていう職人っぽさがいい
・・・まあ、多分にマニアックだとは思いますが・・・

今の劇団のMDデッキは4年くらい前に買ったもの
その前の代のは私が劇団に入った年に買ってるので、7~8年使ったのかな
MDの前はカセットテープ、もっと前はオープンリールですが
私はその代の音響を知らないんですね
ぎりぎりカセットの時代は、遠くから覗いてたかな・・・
音響を担当するようになってからはずっとMDと組んできました
すっかり相棒みたいなものです
私が音響チーフを任せてもらっている間はMDを使い倒すと思います
・・・その先は・・・うーんうーん
現場優先の、今の芝居作りのスタイルを変えないと出来ないかなあ・・・


その時考えますわー

そんな番外編でしたっ!

時には音の話を。6

2012.12.18.12:38

ラストいきます!

「きっかけ」の話

一般に「出会ったきっかけは~」なんて使うやつですね
音・明かりを入れる/消す/変化させる時の
まさにきっかけとなる言葉や動作のことを指します
そこから転じて、明かりや音を変化させる一連の流れの練習のことを指したりもする
「本を開く」動作をきっかけにして、音楽が流れ、明かりが変わる
ってやつです

私、思うんですけど
音や明かりって、ドラマや映画の、カメラワークの役割もあるんです
カメラを通すと観る部分が限定されるじゃないですか
作り手の意図が伝えやすいんです
セリフを言う時の、この表情を観てほしい
この人の気持ちに共感してほしい
この雰囲気を感じてほしい
そう思ったらそこを撮る、見せる、ということが可能ですよね
場所を変えることだって出来ちゃう

ところが舞台ではそうはいかなくて
お客さんにお任せするしかないんです
「ここは異世界!」って想像してもらったり
どこを見て何を感じるか、お客さん次第の部分が大きいですよね
もちろん、どこを観ていてもいいようにこちらは作るのですが
好きな見方をしてもらえればいいと思うのですが
でもやっぱり、観てほしいところはある
それを届けるのを手伝うのが明かりや音の仕事の一つだと思うんです
自然と目がいく
気持ちが伝わる
見やすい舞台を作るためのお手伝いです

ちなみに、うちの劇団では
「この人の、この表情に合わせて」とか
「左足が止まった瞬間」とか「言葉を喋る直前」とか
エスパーかよ!ってタイミングで音を出せって言われることもあります
しかも、音と明かりでぴったしばっちり合わせて、とか言う
ちょっとずれるとすかさず怒られます

ちなみにエスパーじゃなくても出来るんですよ
すべては舞台上で成り立っているから
ちゃんと見て、アンテナを張っていれば
役者の呼吸ひとつ、表情ひとつでも拾ってこれるんですよ
集中力勝負ですけどね

今回、難しかったのは
本にまつわるきっかけですね
「表紙を開く」なのか
「本の世界に浸る」なのか
「あるページが目に飛び込んだ瞬間」なのか
ああでもない、こうでもないと考えました
色んな本が出てきます
色んな気持ちが溢れます
それぞれのシーンで、一番「伝わりやすい」タイミングを探っています

ちゃんと伝わっていたならとても嬉しいです

さて
長々と書いてきました
こんな感じでやってました
とりあえずこれで今回の分はおしまいです
拙い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました
また頑張ろうと思います

・・・気が向いたときに、またふらっと書くかもしれませんが・・・(笑)

時には音の話を。5

2012.12.12.08:54

前回から引き延ばして参りました
小さな「仕掛け」の話

「本の中の世界を作る」という試みの中で
本が大好きな彼女たちが、本に没頭している間
彼女たちの頭の中には「本の世界」が完成していて
そこには様々な音が溢れているんだろう、という想像のもと

それを共有するにはどうするか

実際にいくつか効果音を加えてみました

まず「銀河鉄道の夜」
蒸気機関車の警笛と走る音を足しました
分かりやすく、インパクトがある音なので
一瞬で「銀河鉄道」の世界へ飛ばしてくれます
当初、シーンの冒頭に入れたのですが
ぶっ飛ばし過ぎ・・・とのダメ出しが出て(苦笑)
最終的にはシーンの中盤
主人公が、銀河鉄道の世界に気持ち良く浸っていく所を狙いました

もうひとつ「もしドラ」
高校野球らしい「野球部のざわめき」をプラスしました
この「野球部」を足したら
ぐっと「もしドラ」世界になったと思うのですが、どうでしょう
本当はねえ
さらに「きぃん」っていうバットの音を足したかったんですけどねー
木製バットの「こぉん」っていう微妙な音しか手元になく
悩んでいるうちに、バタバタと流れて行ってしまった幻のプランです
(あれ・・・高校野球なら木製バットが正解なんでしたっけ?まあいいや)
でも、本番の音を聞いていて、あーやっぱり「きぃん」足せばよかったーと思いました
反省

そのほか
「赤毛のアン」に揺り椅子の揺れる音を足す・・・というのも考えましたが
これまた妄想に終わりました
座ってた椅子が急に「揺り椅子でした!」って言われても役者さん困るしね
・・・でもやってみたかったなー
そういう詰めが甘くて、今回個人的には反省点が多いですね・・・
ううん

さて、ここまで読んでいただいてありがとうございました
次回が最後です(多分)
プロフィール

こんどう

Author:こんどう
子育てとか芝居とか、実験とか雑用とか、猫いじりとかしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR