スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時には音の話を。3

2012.12.07.13:31

予告の「ピアノの話」です(笑)

今回のお芝居
最初は「真夜中」っぽくしたくて
低音の弦楽器を効かたらどうかなーと思ってたんです
チェロとかね
でも途中で、それは違うなと・・・
クラシックな雰囲気があまり出なくて
考えてみれば、真夜中を強調する必要はなかったですね

しかも舞台は脳内図書館ですから
あんまり広がりがあってもね
弦楽器がメインになると、良くも悪くも広がりが出るし
ドラマティックになるんだな

で、結局辿り着いたのはピアノの音だったのでした
今回はそれでよかったと思ってます

ピアノって凄いですね
主役にもなれて、スパイスの効いた脇役にもなれて、ベースにもなれる
指先一つで音色が変わる
繊細な音から壮大な物語まで、なんでもござれですよ
個人的にも好きだし、使いやすいからつい使ってしまうのだけど
そこに頼り過ぎるのもよくないなあと
度々反省するんですけどね・・・

せっかくなので
またしても漫画ですがピアノにちなんだ話
有名どころ「のだめカンタービレ」
ピアノ二台でピアノ協奏曲を演奏するシーンがあります
ピアノのパートと、残りの楽器分を一人ずつ弾く
一見、無理じゃない?と思いますが
うーん
他の楽器なら無理だけど、ピアノならもしかすると出来ちゃうかも
最大10パートの音が出せますからね
ピアノは一つのオーケストラです
やっぱり好きだな

でも、いつか
他の楽器をメインに据えたプランを組んでみたいです
いつ出来るかわからないけど、野望です
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

こんどう

Author:こんどう
子育てとか芝居とか、実験とか雑用とか、猫いじりとかしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。