スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時には音の話を。4

2012.12.10.12:40

今朝はすごい雪でしたねー
うっかり車の雪を払ったら
「どさ!」と落下ではなく、「ぶは!」と舞い広がって
こっちも雪まみれになりました
気持ちは子供よりなので、ちょっと嬉しいのですがー
身体はばっちりアラサーなので、この寒さは堪えます
やれやれ

さて、音の話まだ続きます
・・・飽きてきた方、ごめんなさい
適当に読み飛ばしてくださいね☆

今日は「世界を作る曲」の話
と言っても、そんなに壮大な話じゃないです

今回、沢山本の話が出てきました
それぞれ、登場人物が思い入れを持つ本たち
例えば部屋の掃除の最中、たまたま手にとって開いたが最後
一瞬で本の世界に入り込んでしまい、時間を忘れてしまう
そんな本たち
それをどう舞台で表現するか
どうお客さんに共有してもらうか

私の中では、『本を開く』と『世界が広がる』だったんです
漫画チックな表現ですけど
開いた本から、ぱああああ~と世界が広がるんです
ただし、主人公の女性に寄り添って見てもらうために
主人公が『本の世界に入る』
つまり、読みふける、思いを馳せる・・・というタイミングで曲を入れました

ポイントは、世界を一気に作り上げる曲

例えば「ハリーポッター」
言わずと知れた大ヒット作品ですね
もう何もひねらず、有名なテーマ曲を出しました
多分、イントロどーん!で答えられる方もいるのではないでしょうか
特徴的な音色(チェレスタの音ですって)で一気にハリポタの世界へ引き込む名曲です
このシーン、明かりも音も分かりやすく(いい意味でね)
館長のすんごいヒゲ(笑)と副館長の丸眼鏡の効果とと相まって
どの回でも遠慮なく笑ってもらえて本当に良かった!

あと、北斗の拳もそう
一瞬で勝負しました(笑)

でも、主題歌ならいいかというとそうでもない
そこが難しいところ・・・
それを考えさせられたのが「ベルサイユのばら」ですね
最初、主題歌も用意したんですけど
世界を広げるという意味ではちょっと違うのでは・・・と修正
「タイトル」を再現したい訳じゃないのよ
「シーン」を再現したいんです
で、アニメ版「ベルサイユのばら」のサントラが手に入ったので
ここぞとばかりに使いました
私の頭の中にはベルサイユ宮殿(イメージ!)が広がってましたが
いかがだったでしょうか

もう少しだけ種明かしすると
「燃えよ剣」もちゃんと新撰組だったんですよ
大河ドラマのですけどね
あと「銀河鉄道の夜」もそう
アニメや映画ではありませんが
「銀河鉄道の夜」をイメージしたアルバムから使いました

そんなこだわりを、一人で楽しんでいた訳です
惜しむらくは、すべての本に関して「プチこだわり」を貫けなかったこと・・・
その代わり、仕掛けを入れたところもあります
それに関しては次回ー

そろそろ終わります、ご安心ください(笑)
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

こんどう

Author:こんどう
子育てとか芝居とか、実験とか雑用とか、猫いじりとかしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。